HOME > 製品案内 > グルコサミン

现代分子生物学第三版

860分子生物学考研资料

グルコサミンは、天然のアミノ糖であり、動物体内では軟骨や結合組織などのムコ多糖の構成成分、甲殻類の殻に含まれるキチンの構成成分など広く分布しています。グルコサミンは近年、加齢や過度の運動により起こる変形性膝関節症に対する有用性が確認され、欧米では予防や治療用として使用されています。

尿道分子生物探针

グルコサミン製造工程

伊分子生物的酪蛋白钙

グルコサミン

分子生物学知识点

グルコサミン製品規格

分子生物学实验室有害物质

グルコサミン技術資料

目次

  • 01.グルコサミンとは
  • 02.グルコサミンの製造方法
  • 03.製品規格
  • 04.分析方法
  • 05.グルコサミンの代謝・吸収
  • 06.関節・軟骨・骨に対する効果
    (抗ロコモ素材としての効果)
  • 07.皮膚に対するグルコサミンの効果
    (美肌効果)
  • 08.血管・循環器に対する効果
    (抗メタボ素材としての効果)
  • 09.消化器に対する効果
  • 10.グルコサミンの安全性
  • 11.利用上の特性
  • 12.食品における使用例

資料請求はこちら

Copyright (C) 2014 KOYO CHEMICAL CO.,LTD. All Rights Reserved.